SION STYLE  ~ シオン スタイル ~ メルマガ準備号(11,12月号)ダイジェスト版

SION STYLE  ~ シオン スタイル ~

「シンギング・リン」と「ビューティーマジック」の最新情報やシオンスタッフの日常をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

メルマガ準備号(11,12月号)ダイジェスト版

準備号として11月、12月に配信させていただきましたメルマガのダイジェスト版を掲載いたします。

★☆楽器シンギング・リンの最新情報をお届け!☆★
:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆
//////☆
////★  シンギング・リン通信 発行準備号
//☆        Sion Inc.

:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆

☆・☆゜☆ 和真音よりご挨拶 ☆・☆゜☆

秋風が心地よい今日この頃、皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。
 
おかげさまで、9月30日の「鈴響の祭典」は満員御礼で、大盛況の中無事幕を閉じました。お越しくださいました皆様、ボランティアスタッフの皆様、出演者の皆様に心から御礼申し上げます。
 
さて、この秋は興味深いシンギング・リンのセミナーがいっぱいです!まず、東京では、10月27日から毎月『シンギング・リン マイスター養成基礎講座』がスタートします。音楽家の片岡慎介先生、右脳教育の飛谷ユミ子先生をはじめとして、楽しくためになるセミナーが毎月企画されています。

そして、岡山では『音泉セミナー』と『セラピスト養成セミナー』が一泊二日で開講されます。仲間と交流を深めながら、楽しくシンギング・リンについての知識を深めていただきたいと思います。

さらに、名古屋では『初めて体験セミナー3回シリーズ』が始まり、『ビューティーオーラの泉3回シリーズ』も名古屋と神戸でスタートします。自分たちで計画していて言うのもなんですが、どの講座も充実していて内容が濃く、きっとご満足いただけると、スタッフ一同皆様とお会いできることをとても楽しみにしています。どうぞ奮ってご参加ください!
 
それから、この夏に発売されたCD『聖なる鈴響』『音神話』はおかげさまで口コミで広がり、大変好評をいただいております。本当にありがとうございます!
この秋も皆様にとりまして、実り多い素敵な秋となりますように…!!
                  心からの感謝と愛をこめて… 和真音

★☆∵∴ 新スタッフの紹介
 はじめまして。武田千春と申します。シオンインクのスタッフとして働き始めて5ヶ月になります。会社では総務を担当しております。私は子供のころジュール・ベルヌの「80日間世界一周」を読んでいらい、旅に生きる人生を送りたいと願い、成人してからは日本と外国を行ったり来たりする生活をしておりました。

そんな暮らしに一区切りついたころ、シンギング・リンの音を聞く機会を得たのですが、居ながらにして宇宙を感じられるこの楽器に出会えたことは大きな喜びでした。癒しと覚醒が同時におきるような、不思議な感覚を多くの人に味わっていただきたいと願いつつ、働いております。どうぞよろしくお願いいたします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*
シンギング・リン開発物語⑬ 和真音
*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*
会社の設立の準備をしている一ヶ月、さっそくカラーセミナーの仕事依頼をいただき、銀座の中心部で場所を貸してくださるという方が現れ、そこで、盛況のうちに2回セミナーを開催することができました。ところが、場所を貸してくださるオーナーが、最初の話と違い、場所代をいきなり値上げするといってきたのです。セミナーの荷物の置き場所にも困っていましたので、これは事務所を借りたほうがいいのではということになりました。さて、どこに、どんな場所を借りることにすればよいのでしょう?
 
まず私はノートを取り出して、希望の条件を書いてみることにしました。『1LDK、駅から徒歩10分以内、静かで緑が見える水辺の綺麗なお部屋、家賃○万円以内』。これを見た主人が、「東京でこんな好条件の場所はあるわけがない」と言いました。私は「とりあえず希望だからいいのよ」と言ったのを覚えています。
 
そして9月23日の秋分の日、朝起きると、なぜか「品川にいかなければ…」と思い立ちました。そこで、とにかく品川に行ってみることにしました。長く海外にいましたので、品川の駅に降りてはじめて、10月から新幹線が停まるようになるのだということを知りました。私は工事現場となっている港南口のほうに歩いていきました。港南口に出ると、雑居ビルの3階に不動産屋の看板がかかっています。とりあえずその不動産屋に行ってみることにしました。2階に上がるとそこは雀荘でした。これはまずいところかもしれないと戻ろうとすると、下から金髪のお兄さんが、「不動産屋なら3階ですよ」と階段を上がってきます。仕方なく、3階まで押されるように上って扉を開けると、革張りのソファがドカン!これは本当にまずいなあと思い、あの無理難題と思われる希望を言って早々に退散しようと考えました。

ところが、なんと、その条件にぴったりのお部屋があるというのです。間取りを見せていただき、お話を聞くと、なんともその通りです。早速連れて行っていただいてびっくり!運河沿いのツツジの垣根と柳の木が窓辺を飾る、綺麗で静かな駅から徒歩7分の1LDKです。私はその場で、ここをお借りしたいとお願いしたのでした。その事務所は2006年の5月まで、東京事務所として、大活躍してくれました。    次号につづく……

★☆楽器シンギング・リンの最新情報をお届け!☆★
:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆
//////☆
////★  シンギング・リン通信 2007年12月号
//☆        Sion Inc.

:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆

★☆∵∴ シンギング・リンセラピスト養成セミナーInダイヤモンドマリンホテル

11月24日(土)、25日(日)岡山の渋川海岸のリゾートホテル・ダイヤモンドマリンホテルにて、シンギング・リンセラピスト養成セミナーが開催されました。当日は、秋晴れで、ホテルのセミナー会場からは、美しい瀬戸内海が一望できました。

 まず、自己紹介の後、SionInc.秘伝のシンギング・リンマッサージの方法から始まりました。合理的なバチの持ち方、リンの持ち方、姿勢、叩き方といった基本から、マッサージの手法、そして最後は、和真音秘伝のマッサージの時の意識についてなど、盛り沢山の内容でした。

 その後、懐石料理をみんなで味わった後、夜の浜辺に出かけました。ちょうど、この日は、満月でした。美しい満月が煌々と輝き、満月の光の下で、リンを奏でながら瞑想をおこないました。

 そして、セミナー会場に戻ってから、SHINによる満月のメディテーションや和真音とみんなで奏でるシンギング・リンミニコンサートをおこないました。

 2日目は、朝みんなで砂浜を散策しました。ストレッチやカンタンなワークを楽しみ、美しい太陽の光の中で、太陽のエネルギーを感じる瞑想をおこないました。

 そして、柔道整復師の高原清による、十二系脈マッサージの実習をおこないました。長年の経験から編み出されたマッサージ師の心得もじっくりとお話いただき、大変有意義な時間を共有することができました。

 その後、みんなで食事をして、和真音のミニ講話と感想のシェアリングをして、セミナーの幕を閉じました。

 全国からご参加の方々が、みんな仲良くなり、セミナーが終わってこのまま別れてしまうのが惜しいと連絡先を交換されていました。みんな、新しい仲間が増えて、とても楽しく有意義な二日間でした。

ご参加くださった方々、本当にすばらしいセミナーになりましたことを、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 来年も、セラピスト養成セミナーを岡山にて開催する予定です。ぜひ、多くの方々がシンギング・リンセラピストとしての輪を全国に広げて行って頂ければと思います。

★☆∵∴ シンギング・リン・マイスター養成(基礎)連続講座--報告No1 神尾学

大盛況に終わった9月30日「シンギング・リンフェスティバル~鈴響の祭典」の後を受けて、10月から6回シリーズで始まった東京でのマイスター養成講座の模様を、これから毎回報告させていただきます。

まずはその前に、書き手である私・神尾学の自己紹介を、簡単にさせていただきます。私は「神智学」という、見えない世界を科学的論理に則って研究する分野の普及を中心に活動をしておりますが、縁あってまだシンギング・リンが開発途上のときに和真音さんと出会い、それ以来親しくお付き合いさせていただいておりまして、岡山にSion Inc.さんが引っ越された後、東京での活動をサポートさせていただいています。

今回の企画は、主に「せっかく素晴らしい楽器であるシンギング・リンをご購入いただいたのに、うまく使いこなせない」という方々のために、まずは日常の中で親しんでいただきたいと思い、様々な角度からシンギング・リンの楽しい使い方を紹介する講座を、ということで、Sion Inc.さんと共催でスタートしました。

「マイスター」というのは、ドイツの職人制度の中で、名人・達人の粋に達した師匠という意味合いの言葉です。しかしもちろん、いきなりそんなところに到達できるものではありません。それどころか、「今はまだ、世界中のどこにもシンギング・リン・マイスターは存在しない」と考えた方がいいと私は思っており、今回の講座は、「そこに至る第1歩を講師の先生方を含め皆で一緒に踏み出しましょう」ということで、企画したものです。

皆さんご存知のように、シンギング・リンは本当に奥深い楽器で、まだまだ無限の可能性がその中に眠っていると思います。今回の各講座は、初めて参加された方々には驚きの連続になることを保証いたしますが、皆様方に楽しみながら様々な技術・方法を習得していただくとともに、その中で新しい可能性がドンドンと発見されていくような、クリエイティブな講座にしていきたいと思っております。

すでに終了した講座に関しては、一括申込みの方に限り記録ビデオを提供させていただきますので、今からでも間に合います。是非、ご参加ください。
 さて、本題の第1回目報告ですが、シンギング・リンCD「音神話」の製作者である音楽家・片岡慎介先生を講師にお招きして、10月27日「シンギング・リン・ミュージックの楽しみ方」というテーマで行いました。

「音神話」には、7つのチャクラを一つずつ浄化していく7つの曲が入っています。世に「チャクラを開くCD」と名打ったものはたくさん出ていますが、実際に効果のあるものはほとんどありません。今回のCDは、「レインボー・スティック」の開発者で、非常に繊細な感覚の持ち主である竹下雅敏先生が発見された「各チャクラの放出・吸収に対応する周波数とテンポ」に基づき、片岡先生が工夫を重ねて作曲されたものです。非常に微妙なものなので、製作の各段階で、波動が落ちず最大の効果がでるように、細心の注意を重ねながら作られたとのこと。

音楽の楽しみ方というのは、メロディーやリズムを変え、ちょっと飽きたら別の曲を、という感じがすると思います。

従来のそのような楽しみ方を「水平面内」のものとすると、シンギング・リンが拓く音楽の楽しみ方というのは「垂直軸」方向のそれだということができるのではないか、と思います。

通常の物理的な測定ではまったく同じ1音でも、いわゆる波動の観点からは千差万別の違いがある、ということを、片岡先生が発見・発明された「絶対テンポ116」や高周波発生装置を例に、様々なシンギング・リンを使ったワークを交えながら実感させていただきました。

また、楽器には名器といわれるものがありますが、それは「作った方、そして持ち主の意識によって作り出される」ということを教えていただき、実際に当日シンギング・リンを持参された方にはその中に魂を吹き込んで、本当に自分の宝といえるものに生まれ変わらせるワークもご指導いただきました。

まさに「目からウロコ」、新しい音楽の次元を垣間見させていただけた、素晴らしい講座でした。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*
シンギング・リン開発物語⑭ 和真音
*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*
無事品川のオフィスを借りることができましたが、永住権を持っているお陰で会社の設立はハワイまで行って行わなければなりません。2003年の10月の初め、家族でハワイに旅行し、無事に会社を登記することができました。

帰国してすぐに取り掛かったのは、オフィスの事務用品と家具をそろえることでした。オフィスは緑色で色調を統一すると決めましたが、何しろ開業資金は限られていました。なるべくお金をかけないように、中古家具を探したり、ダイエーの優勝セールを活用したり…。たまたまオフィスを移転されるという方から、緑の収納棚やセミナー用のダイニングテーブルやオフィス机を無料で譲っていただけるという幸運にも恵まれました。引越しも、軽トラックをレンタルして自力で行いました。寄せ集めの家具や備品も、工夫を凝らして立派に見えるように整えて、11月にはオフィスで手料理を作ってオープンパーティーを開催することができました。

その頃から、仕事をもつ母親となった私は、イメージコンサルティングのセミナーを週に数回開催する傍ら、家事と子育てに追われる忙しい毎日を送ることになりました。その一方で、チベタンボールに対する興味は高まるばかりです。あまりの熱意に友人が知人のつてで、ネパール人で日本で商社をしているAさんの紹介をしてくださいました。

Aさんに自分が思い描くチベタンボールについて熱く語ると、Aさんがネパールのチベタンボールの製造業者に交渉してくださるということになりました。私がどれだけ喜んだか、皆さんも想像に難くないでしょう。しかしながら、それから半年にわたって4度、注文を繰り返し、細かく指示を出しても、私の願っているようなチベタンボールはできてきませんでした。

一方、ネパールで、最高級のチベタンボールを30個ほど輸入し、2004年の新春パーティーでご紹介すると、なんとあっという間にすべて売れてしまいました。この出来事は、私だけでなく、多くの方が音響楽器に興味を持ってくださるのだという、とてもうれしい自信につながりました。

ところが、それから一週間後、3人の方から返品したいというお電話がかかってきてしまったのです。お一人は、チベタンボールの中に彫られている仏画がどうしても気に入らないという理由でした。お二人目は、叩く場所によって音色が違い、音が悪く気に入らないとのこと。三人目の方は、何かの拍子で信じられないことに真っ二つに割れてしまったというのです。一つ一つが手作りなために、品質が安定せず品質に大きなばらつきがあることを痛感させられる出来事でした。
 
2004年の4月、部屋に広がるいくつもの不出来なチベタンボールを見渡しながら、私は、自分が願っているようなチベタンボールを手にすることはできないのではないか…とどん底の気持ちを味わっていました。                 次号に続く…

★::::::☆::::::★::::::☆::::::★
シンギング・リンヴォイストレーニング①  SHIN
☆::::::★::::::☆::::::★::::::☆
みなさん、こんにちは。ヴォイストレーナーのSHINです。シンギング・リンをつかったヴォイストレーニングを今月号から連載していきます!よろしくお願いします。

★シンギング・リンを使った呼吸法~ゆったリン呼吸~
・ 息を吐くときに、リンを鳴らします。
(吐き始めのタイミングで鳴らす)
・ リンの音を聴きながら、ゆったりと息を吐き続けます。
・ 息を吐ききったら、自然に空気が肺に入ってきます。
(息を吸おうと思わないでください)
・ また、息を吐くときに、リンを鳴らします。
・ 呼吸のたびに、ゆったりと、ながーく息を吐いていきます。

シンギング・リンの精妙な音を聴いていると、カラダがリラックスして、自然に呼吸が深くなっていきます。はき始めるタイミングでリンを鳴らすようにすると、次第に呼吸がゆったりとながーくなっていくのを感じるでしょう。
 
息を吐いた後に、息を吸おうと思わないでください。呼吸は、吐ききったら、自然に息が体に入ってきます。吸おうと意識した瞬間に、カラダが無意識に緊張してしまうので、吸おうと思わなくていいです。数個とよりも、ゆったりと息を吐き切ることに意識を向けてください。

★☆∵∴☆★∴∵★☆∵ 最新セミナー案内 ∴☆★∴∵★☆∵∴☆★

スペシャルな講師陣によるシンギング・リンの6回コース

『奇跡の楽器ミラクルセラピーIn東京 シンギング・リンマイスター養成基礎講座』

2008年1月14日(月・祝日)10:30~16:30
前半:シンギング・リンセラピスト宗高晶が教える!
「シンギング・リンのこんなに楽しい使い方」
シンギング・リンの楽しいワーク、マッサージ体験をたくさんやります。
後半:神尾学直伝!
「カラダを軽く、動きを美しくするシンギング・リンの使い方」
あなた自身の体に「リンを入れる」ことにより、全身の動きは滑らかに、繊細に、エネルギッシュになり、地球と、そして宇宙とつながっている感覚が生まれてきます。

2008年2月10日(日)10:30~16:30
ヴォイストレーナーSHIN
「シンギング・リン秘密のヴォイスヒーリング&イメトレ術」
声と言葉と歌の神秘を探る!リンを使った楽しいワークとみんなで歌を歌うセミナー。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 神戸・名古屋で、シンギング・リン体験セミナーがあります!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
名古屋
2008年1月20日(日)「シンギング・リン はじめて体験セミナー」
2008年2月17日(日)「ココロとカラダを輝かせる!シンギング・リン輝きのメソッド」
神戸
2008年2月16日(土)「ココロとカラダを輝かせる!シンギング・リン輝きのメソッド」
スポンサーサイト

2007-12-25 | 2010年 シンギング・リンイベント情報 |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sioninc.blog110.fc2.com/tb.php/48-7f9f926f

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005sion incAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。