SION STYLE  ~ シオン スタイル ~ 私の音の風景

SION STYLE  ~ シオン スタイル ~

「シンギング・リン」と「ビューティーマジック」の最新情報やシオンスタッフの日常をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

私の音の風景

音の風景

私が大切にしている音の風景は、十代はじめに経験した祖父の葬儀の風景です。

「ばんざい!」と小さく手を上げて息をを引き取った祖父の見事な死は

いまでも、親族の間で語り草となっています。


葬儀の日
悲しみと喜びの入り混じったさわやかな空気が漂うお座敷にしつらえられた祭壇を、
5~6名のお坊さんがとりかこみ、読経がはじまりました。

読経が進むにつれて、次第に激しく泣きじゃくる私は、
周りの大人には、悲しみに打ちひしがれているように見えたのでしょうが、
じつは、読経の音の波によって美しくよみがえり、増幅された、
祖父との思い出に感動していたのでした。

今思うと、倍音にこころをうごかされていたのだとわかります。


「なぜ 音は癒すのか」の著者、ミッチェルゲイナー氏は

倍音が、様々なレベルで心身に及ぼす影響について、
自身の実感として下記のように記しています。

・・・・感覚レベルでは、
   倍音のおかげで豊かな聴覚が体験できるようになり、
   その結果、心の共感度が高まった。
   隠喩的もしくは霊的レベルでは、
   人間をはるかにこえた蝕知しがたい無限の力の存在、
   すなわち、
   「感受できるがみえない」
   「了解できるが語られない」
   「ききとれるが耳では聴こえない」リアリティが
   よりいっそうはっきりと実感できるようになった・・・・・・・


祖父の葬儀から、○○年、今、その倍音を奏でる仕事をしていますが、
種はこのときまかれたのだなぁと思います。



☆倍音とは、例えば調律されたバイオリンで「ド」の音を弾いたとき、
実際に聞こえるのは「ド」(基音)だけではなく、その二倍三倍四倍の振動数をもった
高い音、すなわち「部分音」が微妙に交じり合った音である。
倍音とはこのような部分音のことを言います。
                          「音はなぜ癒すのか」より抜粋


スポンサーサイト

2009-05-22 | 未分類 |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sioninc.blog110.fc2.com/tb.php/235-474f9dfe

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005sion incAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。