SION STYLE  ~ シオン スタイル ~ オリジナルCD「聖なる鈴響」 ⑩

SION STYLE  ~ シオン スタイル ~

「シンギング・リン」と「ビューティーマジック」の最新情報やシオンスタッフの日常をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

オリジナルCD「聖なる鈴響」 ⑩

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日のブログから続いております。




では、一曲ごとにその特徴を解説してみたいと思います。



1曲目は、「時の滴」

井倉洞での水音からはじまります。

ザーっという水音は深夜テレビの砂嵐音のようでもあり、

私たちの意識を一気に変性意識にいざなってくれる効果があります。

そして遠くから響くシンギング・リンの音色…

シンギング・リン宇宙のうねり音が

やさしくあなたを包みます。

一気に脳波はミッドアルファからシータ波への方向へと運ばれていくような

不思議な感覚が体を駆け抜けていくことでしょう。

頭は少しぼんやりして、

体の力が抜けてリラックスしていくでしょう。



2曲目は、「聖なる鈴響(りんね)」

CDのタイトルにもなっているこの曲は

シンギング・リン宇宙の打音からはじまり、

うねり音、そして、シンギング・リン大地のうねり音、打音が

重なるように演奏されていきます。

倉敷の音楽スタジオで6個のシンギング・リンを演奏した時の曲。

サウンドレゾナンス現象で、

6個のシンギング・リンが共振共鳴を起こし、

幾重にも重なる倍音の妙を感じていただけることでしょう。

シンギング・リンの静かでたおやかな音色を

存分にご堪能いただける作品です。



スポンサーサイト

2009-03-13 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sioninc.blog110.fc2.com/tb.php/174-46fd7f19

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005sion incAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。