SION STYLE  ~ シオン スタイル ~ シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」

SION STYLE  ~ シオン スタイル ~

「シンギング・リン」と「ビューティーマジック」の最新情報やシオンスタッフの日常をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

CD「聖なる鈴響」開発物語り⑮

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日、第10話が3月13日、第11話が3月20日、第12話が3月27日、第13話が4月3日、第14話が4月10日から続いております。


最後は、私が、ジャケット用に文章を書くことになりました。

その文章をご紹介しますね。



私の頭の中に存在していた音色が、

シンギング・リンという楽器となって結晶したとき、

この音色がいつから私の内側に存在したのだろうかと、

記憶を辿っては捜していた。

それが、

このCDを製作するにあたっての何気ない会話の中から、

私が幼い頃に繰り返してみた夢の記憶が

ひょっこりと引き出され健在意識に上ったとき、

やっとわかったのである。



幼い頃に何度も繰り返してみた夢だった。

金色と銀色が輝く光の世界、

幾重にも重なったカーテン状のオーロラが揺らめいて拡がっている。

きらきら輝く透明で清らかな液体が湧き出でてせせらぎ、

流れている。

馨しい芳香と、確かに、

シンギング・リンの音色を遥かに聴きながら、

私はその空間の中に擁かれて、

喩えようもない安心感と幸福感に包まれていた。



小学校の遠足で、初めて鍾乳洞を訪れたとき、

暗くて長いトンネルの先に、

証明に照らされたあの夢の空間が拡がっていた。

しかし、

そう思ったのは一瞬で、

光も香りも音もまったく違っているのに気が付いた。

でも、

鍾乳洞の光景が一番似ているように感じられたから、

鍾乳洞を好んで訪れるようになっていった。



井倉洞でシンギング・リンを奏でたとき、

何度も意識が遠のいた。

あの夢の中にまた戻っていけたのだ。

こんなにうれしい経験はなかった。



このCDを聴いてくださるすべての方が、

喩えようもない安心感と幸福感に包まれてくださることを、

心から願っています。
スポンサーサイト

2009-04-17 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

オリジナルCD「聖なる鈴響」⑭

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日、第10話が3月13日、第11話が3月20日、第12話が3月27日、第13話が4月3日のブログから続いております。




大変光栄なことに

ゆかり氏のおかげで、龍村仁監督が、

ジャケット用に文章を執筆してくださることになったのです。

この文章が私の手元に届いたとき、

私はとても感動して、泣いてしまったのでした。



約800字にわたる文章なのですが、

帯のところに抜粋した部分をご紹介いたします。



聖なる鈴響・シンギング・リンの音を浴びていると、

からだの内奥から、

えも言われぬ心地よさが沸き起ってきて、

からだも心も解きほぐされていく。



それは、鈴響の音霊(波動)が、

細胞のひとつひとつと共鳴し、

不協和音を調和の音へと

チューニングし直してくれるからだろう。



いのちはいつだって

調和の交響曲を奏でたい、

と願っているのだ。



龍村 仁

「地球交響曲」映画監督



抜粋以外の文章をお読みになりたい方は

ぜひCDをお買い求めくださ~い!! (^_-)-☆




2009-04-11 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

オリジナルCD「聖なる鈴響」⑬

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日、第10話が3月13日、第11話が3月20日、第12話が3月27日のブログから続いております。






そして、プロデューサーの龍村ゆかり氏と私は

CDの装丁デザインに取り掛かることになりました。



まず、ジャケットをはじめとするアートデザインを

映画『地球交響曲』のポスターをデザインされている

向井一真氏にお願いすることになりました。

向井氏は著名なデザイナーですし、お忙しい方ですので、

龍村ゆかりさんのお願いでなければ、

この仕事を請けてくださっていたかどうか…



向井氏にはサンプルCDをお聞きいただき、

タイトルをお伝えしたり、

録音の様子をお伝えしたりして、

デザインのイメージを膨らませていただきました。

私から特にお願いしたのは、

シンギング・リンの音色が

波紋になって広がっていくようなイメージを

盛り込んで欲しいということでした。



向井氏は、鍾乳洞や、水面、水中、シンギング・リンの写真を

コンピューターグラフィックによって幾重にもコラージュし、

とても深遠で幻想的な、デザインをご提案くださいました。



2009-04-03 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

オリジナルCD「聖なる鈴響」⑫

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日、第10話が3月13日のブログから続いております。



6曲目は、「月への潮流」

バックに流れる水音は

川崎氏がある聖地で録音した湧き水の水音です。

小鳥のさえずりが夜明けを感じさせ、

朝の清らかな空気感のなか、

水音とさえずり、シンギング・リンの音色が清々しく響きます。



7曲目は、「静かなる祈り」

井倉洞の“延命の泉”というスポットで演奏した曲です。

井倉洞の洞内に多重にも響く水滴の音や水の流れる音に

シンギング・リン6個の音色が重なり、

鍾乳洞に響き渡ります。

宇宙の安寧を、心から祈りながら、

無心に演奏をしました。



8曲目は、「Tuning of Spirit」

倉敷の音楽スタジオで

人体マイクに6個のシンギング・リンを

ハーモニックサウンドドレナージュの要領でセッティングし、

セラピーをする要領で演奏して、収録した作品です。

特殊な録音をしていますので、

ヘッドフォンでご視聴していただくと

音の臨場感が鮮明に伝わり、

とてもびっくりされることでしょう。

シンギング・リンの微細な振動まで伝わってくるような

まさに音を体感できる、

シンギング・リンならではの一曲といえるでしょう。



こうして、曲名と曲の内容、サウンドデザインが決まり、

川崎氏はさらなる微妙なサウンドデザインに取り掛かりました。



2009-03-27 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

オリジナルCD「聖なる鈴響」⑪

このCD開発物語は、第1話が1月9日、第2話が1月16日、3話が1月23日、第4話が1月30日、第5話が2月6日、第6話が2月13日、第7話が2月20日、第8話が2月27日、第9話が3月6日、のブログから続いております。




3曲目は、「風の波」

シンギング・リンを擦って奏でるうねり音を中心に録音された曲。

それらの音色が、

まるで風が吹いているような、

体を清めてくれているような、

不思議な感覚を呼び起こします。

短いですが、力強い作品となりました。



4曲目は、「水惑星」

井倉洞で収録した演奏です。

心地よい水音とシンギング・リンのコラボレーション。

地球に生まれた私たちの喜びを湧き起こしてくれます。

体の中のすべての流れが清らかに澄んでいくような

細胞が活性化していくような

潤いある一曲となりました。



5曲目は、「緑の鼓動」

川崎氏が世界を旅したときに録音した虫の音色に

シンギング・リンの演奏を重ねました。

インナーチャイルドが幸せを再確認しているような

とても懐かしい郷愁を感じます。

緑の草原で、月明かりのもと、

穏やかに瞑想しているような感覚を覚えることでしょう。



2009-03-20 | シンギング・リンの 「オリジナルCD・開発物語」 |  cm : 0  |  tb : 0

 | HOME |  »

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005sion incAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。